TOP>>特集>>乾物・ふりかけ・お茶漬けの素
特集
乾物・ふりかけ・お茶漬けの素(2019年4月1日号) 乾物 ふりかけ
 乾物は、農海産物を主原料とすることから栄養成分を豊富に含むことで注目。伝統食品としての底堅い需要にも支えられる。一方で、生産量減少や天候不順など農海産物を取り巻く環境も絶えず変化していることから原料の安定調達が欠かせない。食品に対する時短・簡便志向も一部乾物にとってアゲインストとなっているようだが、食品卸などがこれを払拭すべく、乾物の付加価値を前面に出した提案を継続的に行っており、浸透に期待したい。乾物は秋以降、年末から年始にかけ季節指数が高まり需要が伸びるのが特徴で、もう一歩の消費拡大へ向け、年間での安定した需要を獲得することも課題。主要乾物の市況をまとめた。
 漁期終盤に差し掛かり、産地での入札会もあと1回を残すのみの国産海苔。
特集

 乾物は、農海産物を主原料とすることから栄養成分を豊富に含むことで注目。伝統食品としての底堅い需要にも支えられる。一方で、生産量減少や天候不順など農海産物を取り巻く環境も絶えず変化していることから原料の安定調達が欠かせない。食品に対する時短・簡便志向も一部乾物にとってアゲインストとなっているようだが、食品卸などがこれを払拭すべく、乾物の付加価値を前面に出した提案を継続的に行っており、浸透に期待したい。乾物は秋以降、年末から年始にかけ季節指数が高まり需要が伸びるのが特徴で、もう一歩の消費拡大へ向け…

更新日:2019年8月1日

信州のみそ・食品メーカー(2019年1月1日号) 乾物味噌

 国内最大のみそ出荷量を誇る信州地区。同地区だけで、大手から中小まで100社以上のみそメーカーが存在する。昨年は「全国発酵サミット」が、長野市のホクト文化ホールをメイン会場として開催されるなど、改めて、信州地区の発酵食品にも大きなスポットが当たる年だったと言える。その信州の2018年1~10月のみそ出荷量は、16万2138t(前年比99.0%)と1623t減。一昨年はプラス推移だっただけに、やや苦戦する状況が見られる。また、みそ業界も、他の業界同様に収益改善が必須の状況にある。業界あげての値上げ…

更新日:2019年8月1日

乾物(2018年9月3日号) 乾物

 乾物は例年、秋から年末にかけ特に需要が高まり、季節指数も年間最大期を迎える。農・海産物を主原料とすることから、栄養素を豊富に含むのも特徴。伝統食品の底堅い需要に支えられる一方で、少子高齢化や簡便志向が影響する場面も見られ、一層の拡大へ、新たな需要領域の開拓が急がれる。食品卸が乾物の付加価値に着目した提案を継続しており期待したい。生産量減少や天候不順など農・海産物を取り巻く環境も変化しており、安定供給のため原料調達も課題となろう。海産乾物の海苔・削り節、農産乾物の千切大根・干瓢・凍り豆腐・干し椎…

更新日:2019年8月1日

その他の最新記事
日清オイリオグループ
J‐オイルミルズの18年4~9月連結業績は売上高933億40百万円(前年同期比・・・
(米麦加工品)2018.11.14更新
全国みそ出荷量 9月度6.1%減と厳しく
全国みそ出荷量の9月度実績は「全国計」で3万1836t(前年比93・9%)と大・・・
(飲料・嗜好品)2018.11.9更新
麺つゆ市場 猛暑 ストレート個食伸長
春夏の麺つゆ商戦は早い梅雨明けと7、8月 の猛暑効果で全体に底上げできた。・・・
(その他食品)2018.11.9更新
J‐オイルミルズ八馬史尚社長「流通の利益に貢献する食用油に」
J‐オイルミルズの八馬史尚社長は、このほど 専門紙記者と懇談し、概況以下のよ・・・
(低温食品)2018.11.9更新
日清オイリオグループ
J‐オイルミルズの18年4~9月連結業績は売上高933億40百万円(前年同期比・・・
(米麦加工品)2018.11.14更新
全国みそ出荷量 9月度6.1%減と厳しく
全国みそ出荷量の9月度実績は「全国計」で3万1836t(前年比93・9%)と大・・・
(低温食品)2018.11.9更新
麺つゆ市場 猛暑 ストレート個食伸長
春夏の麺つゆ商戦は早い梅雨明けと7、8月 の猛暑効果で全体に底上げできた。・・・
(その他食品)2018.11.9更新
J‐オイルミルズ八馬史尚社長「流通の利益に貢献する食用油に」
J‐オイルミルズの八馬史尚社長は、このほど 専門紙記者と懇談し、概況以下のよ・・・
(低温食品)2018.11.9更新
最新のニュース
購読のお申し込み

<購読料(税込)>
年19,440円(前納)

本  社 TEL:06-6252-3276

東京本部 TEL:03-3551-3119

食料醸界新聞広告募集

トップバナー広告についての詳細

大阪本社
TEL 06-6252-3276
FAX 06-6252-3688

東京本部
TEL 03-3551-3119
FAX 03-3553-0964