TOP>>特集>>冷凍食品家庭用市場
特集
冷凍食品家庭用市場(2018年9月20日号) 冷凍食品
 家庭用の調理冷凍食品市場は、好調な米飯や麺類の個食パスタ、惣菜類では餃子、から揚げなどが今秋冬も全体をけん引する見通し。ニチレイフーズは「本格炒め炒飯」を増産し拡販、味の素冷凍食品は大型新商品「しょうがギョーザ」を投入し冷凍餃子の需要拡大を目指す。マルハニチロは「王様のソテーピラフ」でピラフを底上げ、日本水産はから揚げに「旨だれ」を加えた。「サラダチキン」などの素材系や、個食タイプの新カテゴリー、つまみ専用商品など新領域への挑戦も活発だ。
 良品計画が新たに冷凍食品を「無印良品」4店舗限定で9月28日から販売をはじめる。素材を活かした惣菜、玄米や雑穀米使用の国産米おにぎり、餃子や焼売、時間と手間のかかる1食分の煮込み料理など50品目をラインナップする。コンビニでの品揃
特集
冷凍食品(2019年3月21日号) 冷凍食品

 女性の社会進出や世帯人数の減少、単身者の増加を背景に冷凍食品の家庭用は食卓向けが順調に拡大してきたが、昨年10月頃から伸び率が鈍化している。主要メーカーは主力商品をより強く磨き上げ、バリエーションも加えて既存顧客の囲い込みと新規需要層の獲得を目指す。日本水産の中華惣菜「レンジでつくる」や日清フーズの洋風惣菜「スマートテーブル」は新領域への挑戦商品、味の素冷凍食品「おにぎり丸」とニチレイフーズ「切れてる!サラダチキン」は定着のため粘り強く育成を継続する。
 売上規模の大きな米飯では、炒飯を主軸に置…

更新日:2019年8月1日

冷凍食品(2018年11月22日号) 冷凍食品

 冷凍食品の家庭用市場は食卓向けを中心に順調に成長を維持、米飯では上位メーカーが品質競争を繰り広げ、購入層の拡大につながっている。から揚げも好調が続き、餃子は新品種の投入でターゲットやオケージョンが広がり伸長している。新領域では畜肉系素材「サラダチキン」やおにぎりの具「おにぎり丸」など挑戦が続く。業務用では味の素冷凍食品が来年3月からの価格改定を発表、他社の追随も予想される。
 4~10月の家庭用市場は2%増と堅調に推移、弁当用が厳しく食卓用が成長を支える流れは変わっていない。その中でもボリューム…

更新日:2019年8月1日

冷凍食品家庭用市場(2018年9月20日号) 冷凍食品

 家庭用の調理冷凍食品市場は、好調な米飯や麺類の個食パスタ、惣菜類では餃子、から揚げなどが今秋冬も全体をけん引する見通し。ニチレイフーズは「本格炒め炒飯」を増産し拡販、味の素冷凍食品は大型新商品「しょうがギョーザ」を投入し冷凍餃子の需要拡大を目指す。マルハニチロは「王様のソテーピラフ」でピラフを底上げ、日本水産はから揚げに「旨だれ」を加えた。「サラダチキン」などの素材系や、個食タイプの新カテゴリー、つまみ専用商品など新領域への挑戦も活発だ。
 良品計画が新たに冷凍食品を「無印良品」4店舗限定で9月…

更新日:2019年8月1日

その他の最新記事
日清オイリオグループ
J‐オイルミルズの18年4~9月連結業績は売上高933億40百万円(前年同期比・・・
(米麦加工品)2018.11.14更新
全国みそ出荷量 9月度6.1%減と厳しく
全国みそ出荷量の9月度実績は「全国計」で3万1836t(前年比93・9%)と大・・・
(飲料・嗜好品)2018.11.9更新
麺つゆ市場 猛暑 ストレート個食伸長
春夏の麺つゆ商戦は早い梅雨明けと7、8月 の猛暑効果で全体に底上げできた。・・・
(その他食品)2018.11.9更新
J‐オイルミルズ八馬史尚社長「流通の利益に貢献する食用油に」
J‐オイルミルズの八馬史尚社長は、このほど 専門紙記者と懇談し、概況以下のよ・・・
(低温食品)2018.11.9更新
日清オイリオグループ
J‐オイルミルズの18年4~9月連結業績は売上高933億40百万円(前年同期比・・・
(米麦加工品)2018.11.14更新
全国みそ出荷量 9月度6.1%減と厳しく
全国みそ出荷量の9月度実績は「全国計」で3万1836t(前年比93・9%)と大・・・
(低温食品)2018.11.9更新
麺つゆ市場 猛暑 ストレート個食伸長
春夏の麺つゆ商戦は早い梅雨明けと7、8月 の猛暑効果で全体に底上げできた。・・・
(その他食品)2018.11.9更新
J‐オイルミルズ八馬史尚社長「流通の利益に貢献する食用油に」
J‐オイルミルズの八馬史尚社長は、このほど 専門紙記者と懇談し、概況以下のよ・・・
(低温食品)2018.11.9更新
最新のニュース
購読のお申し込み

<購読料(税込)>
年19,440円(前納)

本  社 TEL:06-6252-3276

東京本部 TEL:03-3551-3119

食料醸界新聞広告募集

トップバナー広告についての詳細

大阪本社
TEL 06-6252-3276
FAX 06-6252-3688

東京本部
TEL 03-3551-3119
FAX 03-3553-0964