主要CVS5社

5月度既存店実績/ 「客数」2カ月連続前年割れ/ セブンは売上前年クリア/ ビール類 W杯で復調の兆し

 コンビニエンスストア上場5社の5月度既存店売上高はセブン‐イレブン・ジャパンのみが前年同月を上回った。昨年に比べ降雨日数が多く気温も低かったため、ソフトドリンク、アイスクリームの動きが鈍かった。酒類は前年並みから微減傾向だが、その中でもRTDが堅調に動いている。5月はビール類の動きが鈍かったものの、6月に入りサッカーワールドカップが始まって以来復調に転じたチェーンもある。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年6月22日