全国小売酒販組合中央会

第65回通常総会/ 坂田辰久会長が続投/ 公取基準 問題事業者への指導に期待/ 当局「精力的に調査中」/ コア講師研修 各組合の負担を軽減

 全国小売酒販組合中央会は5月22日、第65回通常総会を全国小売酒販会館(東京・恵比寿)で開催した。2017年度事業報告、収支計算書、2018年度事業計画、収支予算、経費負担金徴収方法案、役員改選案を審議し、いずれも承認した。坂田辰久会長(東京支部)が続投する。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年6月1日