日清オイリオグループ

18年3月期決算/ アマニ油など好調で4%増収/ 「かけるオイル」が拡大/ 菜種コスト上昇で減益/ MCTは加工用・業務用ユーザーとコラボ

 日清オイリオグループの18年3月期連結業績は、売上高3379億98百万円(前年同期比104・0%)、営業利益91億2百万円(88・9%)、経常利益92億76百万円(89・8%)、純利益69億30百万円(91・5%)となった。付加価値カテゴリー商品や中食・外食向け商品の拡売などが営業利益を12・5億円押し上げたが、菜種の原料コスト上昇などが31・5億円の減益要因となり、収益を圧迫した。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年5月29日