ライフコーポレーション

「第六次中期計画」スタート/ 4年間で50店舗を新規出店/ 既存店の活性化に200億円/ 100坪の都市型小型店も開発

 ライフコーポレーションの岩崎高治社長は4月25日、専門紙を対象に今期よりスタートした「第六次中期計画(18~21年度)」の概要を説明。「4年間で50店舗の新規出店を計画。近畿圏は20店舗は確実に出店する。既存店の活性化も設備投資200億円を掛けて積極的に推進する。都市型小型店として、東西で100坪ほどの新店も出店する。4年後の売上高8000億円、経常利益200億円という目標については達成できる」と力強く語った。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年5月8日